当サイトについて

頚椎症・頚椎ヘルニアの症状、治療、予防法や改善方法まで、
頚椎症・頚椎ヘルニアの改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
頚椎症・頚椎ヘルニア・ストレートネックを改善する方法

信じられないかもしれませんが、これからご紹介する方たちは
手術を受けることもなく、高額な薬やサプリメントを飲むこともなく
しかも 1日 5分間 のプログラムを実践するだけで
「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」を改善しました。


続きを読む →

頸椎症の症状と治療

頸椎症は、首の椎間板と椎骨の変性により、首の脊髄が圧迫される病気です。

  • 主な原因は変形性関節症です。
  • 多くの場合は、最初の症状として、歩行がぎこちなく不安定になり、首に痛みが生じて首の柔軟性が失われます。
  • MRI検査またはCT検査によって診断を確定できます。
  • 治療法としては、首に巻く柔らかいコルセット、非ステロイド性抗炎症薬、筋弛緩薬、手術などがあります。

頸椎症は通常、中高年期以降に発症します。55歳以上の人の脊髄の機能不全の原因として最も多くみられます。

変形性関節症は加齢とともによくみられるようになります。変形性関節症になると、首の椎骨に変性が起こります。椎骨 の自己修復が起きると、骨が成長しすぎて異常な骨の突起(骨棘)が形成され、首の脊柱管が狭くなります(脊柱管は、脊椎の中心にある、脊髄が通っている通 路です)。椎間板も変性し、正常なら脊髄を保護しているクッションが減ってしまいます。その結果、脊髄が圧迫されて、機能不全が起きることがあります。人 によっては、生まれたときから脊柱管が狭いことがあります。そのような人では、頚椎症による圧迫がより重度になる可能性があります。

脊髄神経根も圧迫されることがしばしばあります。

変形性関節症の人では、首を曲げると、椎骨が隣の椎骨の上をすべることがあります(これは脊椎すべり症と呼ばれます)。その結果、脊柱管が急に狭くなり、首が動くたびに脊髄がわずかに、しかし繰り返し傷つきます。

知っていますか?
  • 55歳以上の人では、頸椎症が脊髄の障害の最も多い原因です。

脊髄もしくは脊髄神経根、またはその両方が圧迫されると、症状が現れます。

脊髄が圧迫されると、通常は最初の徴候として歩き方が変化します。脚の動きがぎこちなく(引きつるように)なり、歩 行が不安定になります。足と手の感覚が低下することもあります。首が痛み、柔軟性が低下します。反射が亢進し、特に脚の筋肉では痙縮が起きることがありま す。せき、くしゃみなどの首の動きにより、症状が悪化することがあります。脚や足より手に大きな影響が出ることもあります。重症な場合は、膀胱や腸管の機 能が損なわれることがあります。

脊髄神経根が圧迫されると、通常、首に痛みが生じ、しばしばその痛みが頭、肩、腕に広がります。片腕または両腕の筋力が低下して筋肉の量が減り、腕がだらりとなります。腕の反射が減退することもあります。

特に高齢者や変形性関節症の人では、症状に基づいて頸椎症が疑われます。MRI検査やCT検査によって、診断を確定 することができます。MRIは脊髄と脊髄神経根を描出できますが、CTはできないので、CTよりMRIのほうがはるかに多くの情報が得られます。しかし、 どちらの検査でも、脊柱管のどこが狭窄しているか、脊髄がどのように圧迫されているか、どの脊髄神経根が圧迫されているかが分かります。

頸椎症による脊髄の機能不全は、治療を行わなくても症状が軽減または安定することもありますが、悪化することもあります。

初期には、特に脊髄神経根だけが圧迫されている場合は、首に巻く柔らかいコルセット、イブプロフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)、メトカルバモールなどの筋弛緩薬によって症状を緩和できます。

脊髄が圧迫されている場合は、通常、手術が必要です。首の前部(頚椎前方固定術)、あるいは後部(後方椎弓切除術) を切り開きます。変性が起きている椎骨の一部を取り除いて、脊髄のためのスペースを増やします。骨棘がある場合は取り除きます。椎骨同士をくっつけること により脊椎を安定させることもあります。手術を行っても、すでに起こってしまった神経の損傷が回復することはありませんが、損傷がさらに起こるのを防ぐこ とはできます。手術が早いほど、その後の経過は良好です。

手術後は脊椎が不安定なので、回復途中では、固いコルセットを装着して頭が動かないように固定する必要があります。

筋肉の痙縮がある場合は、筋弛緩薬のバクロフェンが痙縮の軽減に役立ちます。

出典:メルクマニュアル医学百科