当サイトについて

頚椎症・頚椎ヘルニアの症状、治療、予防法や改善方法まで、
頚椎症・頚椎ヘルニアの改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
頚椎症・頚椎ヘルニア・ストレートネックを改善する方法

信じられないかもしれませんが、これからご紹介する方たちは
手術を受けることもなく、高額な薬やサプリメントを飲むこともなく
しかも 1日 5分間 のプログラムを実践するだけで
「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」を改善しました。


続きを読む →

後縦靭帯骨化症の保存療法

【投薬治療】後縦靭帯骨化症の自覚症状を緩和する

後縦靭帯骨化症の保存療法の1つである、鎮痛薬、神経再生薬などの薬物療法についてご紹介します。

後縦靭帯骨化症で骨化した靭帯が神経を圧迫することにより、痺れや痛みが発生します。

この痛みを緩和させるのに鎮痛薬で対処します。鎮痛薬には、主にロキソニンやボルタレンといった非ステロイド消炎鎮痛薬が用いられます。どちらの薬も、胃潰瘍を合併することがあるため、胃薬や抗潰瘍薬と一緒に処方されることが多いでしょう。

薬を服用する治療のため、当然ながら副作用の心配はあります。
ロキソニンやボルタレンの副作用は、胃部不快感、浮腫、発疹、ショック症状などがあげられます。これら症状が出た場合には、すぐに医師に相談します。

また、阻害された神経の修復を促進させるために、神経再生薬を服用することもあります。
主にメチコバール ビタミンB12が使われ、4週間の服用で64パーセントの改善率があるといわれます。副作用は、食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、発疹などがあげられます。

 

【頸椎カラー】首を固定し悪化を防ぐ

後縦靭帯骨化症は、首を後ろにそらしたり、仕事のしすぎ、転倒や転落が原因で脊髄症状が出現したり悪化する可能性が高い病気です。

そのため、頸部が不必要な動きをしないように、頸椎カラーを使って固定します。固定することで痛みやしびれといった自覚症状を軽減することができるのです。

ただし、頸椎カラーは、長期間使用を続けると、頸部の筋肉が萎縮してしまい、かえって頸部痛が出てしまうこともあります。必ず、医師の指導のもと治療を行いましょう。

 

【リハビリ】症状改善がみられることも

リハビリを繰り返すことで自覚症状を軽減させる方法もあります。

基本的には温めたり、リハビリすることで症状が改善するといわれます。こういったリハビリは通院して行う場合と入院して持続的に治療を行う場合があり、それぞれ医師と相談の上、治療方法が決定します。

このように、保存療法で自覚症状を軽減させることで日常生活をより快適にすごすことができるようになります。

しかし、明らかな脊髄症状がある場合や、病気が進行し仕事や日常生活に支障をきたした場合には、手術療法を選択する必要があることも覚えておきましょう。

 

出典:後縦靱帯骨化症を知るためのハンドブック