当サイトについて

頚椎症・頚椎ヘルニアの症状、治療、予防法や改善方法まで、
頚椎症・頚椎ヘルニアの改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
頚椎症・頚椎ヘルニア・ストレートネックを改善する方法

信じられないかもしれませんが、これからご紹介する方たちは
手術を受けることもなく、高額な薬やサプリメントを飲むこともなく
しかも 1日 5分間 のプログラムを実践するだけで
「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」を改善しました。


続きを読む →

頚椎症の鍼灸治療

頚椎症とは

頚椎は、重さ5kg以上もある頭を支えるだけではなく、頭を前に倒す(前屈)・後ろに反る(後屈)・横に倒す(側屈)・ぐるぐる回す(回旋)など の大切な役割も担っているので、とても負担がかかりやすい部位でもあります。頚椎の中央に脊髄という神経幹が通っていて、その脊髄から枝分かれした神経が 肩・背中や腕などへつながっています。

頚椎症によって出現する様々なつらい症状

頚椎症は、脊髄から枝分かれした神経または脊髄そのものが圧迫を受けることで首・肩背・腕の痛み、手指のしびれや感覚鈍麻などの症状がでてしまい ます。日常生活では首を後ろに反らせると痛みが増強することが多く、うがいをしたり、上を向いたりする動作がしにくくなります。脊髄そのものが強く圧迫さ れる場合には、歩行障害や排泄障害などを発症することもあります。

ひとことで頚椎症と言っても、いろいろな症状の出方があります。片側性(左右のどちらか)の神経根症状がでているタイプを「頚椎症性神経根症」と 呼び、両手足のしびれや痛み、歩行障害や排尿障害などの脊髄症状がでているタイプを「頚椎症性脊髄症」と呼びます。診断を確定するためには、MRIやCT 検査をする必要があります。

 

主な原因

頚椎症の原因はおもに二つのタイプがあります。ひとつめは、加齢による椎間板と頚椎の異常による頚椎症であり、ふたつめは、スポーツ障害や追突事故による頚椎症です。

 

変形性のもの

加齢に伴って頚椎に骨棘と呼ばれるトゲ状の突起ができてしまい、その骨棘の突起が脊髄や神経根を圧迫することで頚椎症が引き起こされます。以上のように、頚椎の骨棘の突起によって起こる頚椎症のタイプを「変形性頚椎症」と呼んでいます。

加齢による頚椎症のおもな原因は、頚椎と頚椎の間にあってクッションの役割を果たしている椎間板の老化が関係しています。椎間板のクッション性が 低下することで頚椎の辺縁に骨棘ができやすくなります。この状態は、前述したように「変形性頚椎症」と呼ばれますが、頚椎の骨棘の突起があって変形性頚椎 症と診断されても神経を強く圧迫しなければ症状が出ないケースもあります。その骨棘の突起が脊髄や神経根を強く圧迫する場合に頚椎症を発症します。

 

外傷性のもの

スポーツ障害や追突事故によって頚椎症が引き起こされます。スポーツ障害や追突事故などの外傷性の衝撃によって頚椎のズレや変形を起こすことで頚椎症を発症します。

 

長時間の同じ姿勢でいることも大きな原因に

長時間連続してパソコンを使用することも原因のひつとに

頚椎症になりやすいタイプの方がいらっしゃいます。例えば、長時間のデスクワークを強いられる労働環境で働いている方は正しい姿勢を保ちにくく、 首・肩こりやストレートネックなどになりやすくなります。それが長年に亘ってしまうと頚椎や椎間板への負担が大きくなり、それが蓄積し、ついには頚椎症を 発症してしまうことになります。そのようなわけで、頚椎症は中高年以降に発症する患者さんが多くなります。

 

頚椎症の鍼灸治療

頚椎症の症状の出方は首だけではなく肩背部や腕などにもあらわれます。首、肩、肩甲骨まわりや上腕部などの筋肉が強く緊張し、圧痛やしびれがでる ことも多くあります。頚椎のトラブルが首まわりの筋肉を緊張させやすくしていて、それによって緊張した首の筋肉が頚椎への負担を増悪させるという負の循環 が起こりやすいと考えられます。

 

針灸治療では、首まわりの筋肉を緩めることで頚椎への負担を軽減することが大切なポイントになります。首まわりの筋肉を緩めることで血行も改善 し、筋肉の柔軟性もよくなります。首まわりの筋肉の柔軟性がよくなることで、首の骨である頚椎への負担の軽減効果も期待できます。実際の治療では、針を刺 すだけではなく、お灸の温熱効果もあわせることで相乗効果をもたらします。

桐花堂方式の頚椎症治療

 

当院の頚椎症の治療の特徴としては、頚椎まわりの筋緊張だけでなく胸椎や腰椎まわりの筋緊張や手・腕などのツボも治療のポイントとして重視してい ることが挙げられます。背骨は頚椎・胸椎・腰椎とつながっていて、お互いに関連して影響しあっています。頚椎症だからといって首だけが問題であることは少 なく、首以外にも肩背部や腰などの強いコリがあることも多く、その場合は肩背部や腰なども一緒に治療します。

 

予防法やセルフケアの方法をアドバイスいたします

当院では、通院での鍼灸治療の他に、セルフケアや予防の方法のアドバイスもしております。姿勢やストレッチ、自宅で出来るお灸を使ったケアなどございますので、来院時にはお気軽にご相談下さい。

 

姿勢について

パソコン作業のデスクワークはもちろんですが、自宅でテレビを見る時であっても、ついつい前傾姿勢になりがちです。そうなると首の負担が大きく なってしまいます。首に負担のかかる姿勢を長時間続けてしまうと首まわりの筋肉は緊張し、頚椎のトラブルへとつながっていきます。

頚椎症の予防や症状の軽減をするためには、ふだんから意識して正しい姿勢をキープすることが大切になります。正しい姿勢を意識して実践することで首こりやストレートネックの改善はもちろん変形性頚椎症を予防することにもつながります。

 

ストレッチ・お灸

また、首のストレッチをすることも筋肉の緊張を緩めるのに効果的です。ゆっくりと首を動かすストレッチを心がけて、首を前後左右に倒して気持ちの よい所で10秒程キープしてあげると筋肉を効率よく緩めることができます。首をまわすにしても、勢いをつけたりはせずにゆっくり動かしてあげることが大切 なポイントになります。

首・肩こりがひどい場合は、筋肉の緊張を改善するために温めたタオルやお灸などを使うこともお勧めです。温熱効果によって首の筋肉の緊張を緩めて血行をよくすることで改善します。

 

適切なケアを早期から行って手術を回避する

加齢とともに頚椎の変性が起こってしまう方は少なくありませんが、変形性頚椎症があっても上手にケアすることでほとんど症状がでない方もいらっ しゃいます。重度の頚椎症になってしまうと手術を勧められるようになってしまうので早めのケアや早くから治療をはじめることで症状の改善が期待できます。

繰り返しになりますが、頚椎症があっても日常生活で正しい姿勢を意識することや筋肉の緊張を緩めるケアを心がけることで症状を抑えながら上手につき合っていくことができます。鍼灸治療がその一助となれば嬉しいと思っています。

 

出典:桐花堂