当サイトについて

頚椎症・頚椎ヘルニアの症状、治療、予防法や改善方法まで、
頚椎症・頚椎ヘルニアの改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
頚椎症・頚椎ヘルニア・ストレートネックを改善する方法

信じられないかもしれませんが、これからご紹介する方たちは
手術を受けることもなく、高額な薬やサプリメントを飲むこともなく
しかも 1日 5分間 のプログラムを実践するだけで
「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」を改善しました。


続きを読む →

頸椎変性疾患

 

頸椎症(変形性頸椎症、頚部脊椎症とも言う)(けいついしょう)cervical spondylosisは椎間板の退行性変性が原因で,椎間板ヘルニア,骨棘,後縦靱帯肥厚,黄色靱帯肥厚などの圧迫要素が発達する.脊髄圧迫による脊髄症(せきずいしょう)myelopathyと脊髄から枝分かれした神経の圧迫による神経根症(しんけいこんしょう)radiculopathyに分類される.頸椎症性脊髄症の症状としては,箸がうまく使えない,書字が乱れる,上着のボタンのかけはずしがうまくできない,ポケットの中の小銭をつかみにくいなどは両手の巧緻運動障害(こ うちうんどうしょうがい)が挙げられる.

また,歩行障害も加わり,歩行中,脚の運びがぎこちなく,とくにつま先がひっかかりやすく転倒しそうになることが ある.このような症状が,滑って転倒して首をひねった後,あるいは交通事故後などに急に起こり,救急外来に搬送され,精密検査の結果,頸椎症性脊髄症と診 断されることが多くみられる(図1-1).

 

頸椎症性脊髄症の頸椎MRI

 

神経根症では首のうしろの痛みで発症することが多く,その後,上肢痛あるいは手指のしびれが出現し,さらに脱力に進行する.「手の脱力感」は一見脊髄症状 と誤認されがちですが,正しくは神経根症状です.脊髄症状における運動障害は両手の巧緻運動障害と痙性歩行障害です.一方,神経根症状はデルマトーム(皮 膚支配領域)に一致した領域の上肢~手指のしびれ,痛み,そして筋力低下が主症状です.頸椎症を有する方は超高齢化社会を反映して潜在的に多くいることが 推測される.また,日頃無症状でも転倒あるいは軽微な外傷を契機に四肢麻痺などを呈する「骨損傷のない頸髄損傷」に遭遇することがあり,このような例は根 底に強い頸椎症が存在する.

 

治療はまずは安静,頸椎カラー,鎮痛剤などの保存的治療から開始する.多くは保存的治療で症状がかなり軽快する.脊髄症では手指の巧緻運動 障害,歩行障害,膀胱・直腸障害など日常生活動作に大きな支障をきたす場合,神経根症では難治性の激しい上肢の痛み,脱力あるいは筋の萎縮を呈する場合な どに手術的治療が考慮される.

 

頸椎の等尺性筋強化運動 (ISE)

 

保存的治療および手術的治療と並行して,頸椎の筋萎縮を防止するための維持療法が必要です.マッサージは確かに心地よいのですが,自分で運動しないと筋力はつきません.最も手軽にできる筋萎縮防止の方法を紹介します.頸椎の等尺性筋強化運動isometric stretching exercise(ISE)という方法で,前後屈,左右側屈,左右回旋に対して10秒間筋収縮を行い,各運動を3-10回,1日3-4回繰り返します(図1-2).

 

出典:総合東京病院