当サイトについて

頚椎症・頚椎ヘルニアの症状、治療、予防法や改善方法まで、
頚椎症・頚椎ヘルニアの改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
頚椎症・頚椎ヘルニア・ストレートネックを改善する方法

信じられないかもしれませんが、これからご紹介する方たちは
手術を受けることもなく、高額な薬やサプリメントを飲むこともなく
しかも 1日 5分間 のプログラムを実践するだけで
「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」を改善しました。


続きを読む →

頚椎症性神経根症と脊髄症

体の中心には背骨=「脊椎(せきつい)」がありますが、そのうち首の部分の背骨を「頚椎(けいつい)」といいます。骨のつなぎ目には椎間板(ついかんば ん)がありますが、椎間板が年令とともに傷んで頚椎が変形した状態を「頸椎症(けいついしょう)」といいます。頚椎(けいつい)の中には脊髄(せきずい)という神経が通っていますが、頚椎が変形すると神経が傷んで障害を起こします。

正常な頚椎

正常な頚椎

頸椎症の頚椎

頸椎症の頚椎

(1)頚椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)
神経のうち、肩や手に行く細い神経が傷んだ状態です。「肩こり」の多くはこれによるものです。首の付け根や肩甲骨が傷んだり、だるくなったりします。上を 向くと痛みや痺れが悪化します。「五十肩」との違いは、肩を動かしても痛くないことです。
多くは軽症で自然に軽快することが多いのですが、繰り返し起こることも多々あります。パソコンなどデスクワークのやりすぎも悪化させる一因です。
対策としては、ストレッチングを含めた適度な運動を行うことがお勧めです。首をぐるぐる回すことはよくありません。肩や腕の筋肉をゆっくりストレッチすることが有効です。
(2)頚椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)
脊髄(せきずい)という太い神経が傷んだ状態です。手足の先がしびれます(多くは両側)。進行すると、ボタンをはめたり箸を使うことなど、細かいことがや りづらくなります。速く歩けなくなる、など歩行障害の症状も出ます。
自然に改善することは余りありません。生活に不自由が出てきたら、早めに手術を受けることをお勧めします。
手術は首の後ろの骨を削り、神経の通り道を広げる手術が主です。(脊柱管(せきちゅうかん)拡大術(かくだいじゅつ))
頚椎症性脊髄症(術前)

頚椎症性脊髄症(術前)

頚椎症性脊髄症(術後)

頚椎症性脊髄症(術後)

出典:東芝病院