当サイトについて

頚椎症・頚椎ヘルニアの症状、治療、予防法や改善方法まで、
頚椎症・頚椎ヘルニアの改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
頚椎症・頚椎ヘルニア・ストレートネックを改善する方法

信じられないかもしれませんが、これからご紹介する方たちは
手術を受けることもなく、高額な薬やサプリメントを飲むこともなく
しかも 1日 5分間 のプログラムを実践するだけで
「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」を改善しました。


続きを読む →

頚椎症の治療方法

病院に行くとまずレントゲン写真を撮影するかと思われます。
しかしレントゲンだけでは正確な診断は出来かねます。

そのため、大半の人が詳しく検査する必要があると言われてMRIやCT撮影を行います。
MRIでは磁器を使って身体の断面図を撮影します。
被爆がないことが最大の特徴になります。

身体にピースメーカーが入っている人や閉所恐怖症の人などはMRIを受けられません。
そう言った場合はCT撮影を行います。

CTはMRIに比べてお値段が5000円ほど安くなりますが、被爆するという難点があります。
多くの場合はMRI撮影を行うでしょう。

治療方法は投薬を行い経過を観察する保存療法や緩和を目的とする対症療法となります。
痛みどめや神経の働きを促して痛みを和らげる薬と飲みながら急性期の経過を診ます。

症状が緩和されてくるとリハビリを取り入れて症状の悪化と再発の防止を図ります。
リハビリでは電気療法や牽引、ストレッチを取り入れる病院もあります。
更に症状によりマッサージを行い血液の循環を良くして細胞の回復を促す場合もあります。

上記の治療方法で改善されない、症状が悪化してしまった場合には手術を行います。
手術では原因の箇所を切除することを目的としています。
完全に切除できたことを確認して終了となります。

手術時間は平均してだいたい2~3時間ほど、入院期間も1週間ほどで退院出来ます。
服薬で経過を診るのも手術で治療するのも早めの診断が早期回復のカギとなります。

 

出典:おすすめの首こり枕と解消法