当サイトについて

頚椎症・頚椎ヘルニアの症状、治療、予防法や改善方法まで、
頚椎症・頚椎ヘルニアの改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
頚椎症・頚椎ヘルニア・ストレートネックを改善する方法

信じられないかもしれませんが、これからご紹介する方たちは
手術を受けることもなく、高額な薬やサプリメントを飲むこともなく
しかも 1日 5分間 のプログラムを実践するだけで
「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」を改善しました。


続きを読む →

頚椎症(けいついしょう)の解決法

頚椎とは首の骨のことです。
首の痛みや肩こり、手のしびれなどを引き起こす“頚椎症”には主に3種類あり、
それぞれ症状や治療法が異なります。

 

① 変形性頚椎症(へんけいせいけいついしょう)
首が痛い、肩がこるなどの症状で病院に行くと、首(頚椎)のレントゲンを撮って、「骨と骨の間が狭くなっています。これは年齢的なものです」と説明を受けた方は多いと思います。

このように、椎間が狭くなるとか、骨棘(こつきょく)といって骨がとげの様に出っ張るなどの変化は30代頃から誰にでも少しずつ起きてくるものです。首が痛いなどの局所症状だけで、手足のしびれなどの神経症状を伴わない時は「変形性頚椎症」と言われます。
治療は鎮痛剤の内服や外用などの薬物療法と、特殊な機械を使って頚椎を引っぱるけん引、さらに温めたり、電気刺激などを加える理学療法などが行われます。
自分で出来る方法としては、痛みの出る姿勢を避けることが必要です。時々、仕事の手を休めて首や肩の体操をして筋肉をほぐしておくことも大切です。
② 頚椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)
変形性頚椎症に加えて、頚椎から腕につながる神経根が圧迫されるために、腕にしびれや痛みが出る場合は頚椎症性神経根症です。上を向く動作で腕に痛みが出ることが多いので、痛みの出る動作には注意して下さい。このように日常生活のちょっとした注意や薬物療法などで、多くの場合手術をしなくても回復します。

また、ゴルフなどのスポーツで痛みが出る人は運動をしばらく休むことも必要です。同じような症状があらわれる疾患に、頚椎椎間板ヘルニアや胸郭出口症候群がありますので、腕に痛みやしびれがあるときは早めに整形外科を受診して下さい。
③ 頚椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)
肩こりや首の痛みに加えて、両手や両足にしびれが出る場合があります。さらに、箸が使いづらい、ボタンがかけにくい、字がうまく書けないなど手指の運動障害や、足元がふらつく、何かにつかまらないと歩けないなどの歩行障害がある場合は「頚椎症性脊髄症」と言われます。

頚椎のMRIでは脊髄の圧迫が見られます。この疾患は加齢とともに少しずつ進行する傾向があり、手指の運動障害や歩行障害が長く続く場合や、症状が進行する時は手術が勧められます。また転倒した時に急に悪化して手足が麻痺することがあるので注意が必要です。

手術方法は脊髄圧迫の状態によって選択されます。詳しくは整形外科でご相談下さい。

 

 

出典:コミコミクリニック