当サイトについて

頚椎症・頚椎ヘルニアの症状、治療、予防法や改善方法まで、
頚椎症・頚椎ヘルニアの改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
頚椎症・頚椎ヘルニア・ストレートネックを改善する方法

信じられないかもしれませんが、これからご紹介する方たちは
手術を受けることもなく、高額な薬やサプリメントを飲むこともなく
しかも 1日 5分間 のプログラムを実践するだけで
「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」を改善しました。


続きを読む →

記事一覧

頚椎症の解決法

頚椎とは首の骨のこと。
首の痛みや肩こり、手のしびれなどを引き起こす“頚椎症”には主に3種類あり、
それぞれ症状や治療法が異なります。

① 変形性頚椎症(へんけいせいけいついしょう)

続きを読む

頸椎ヘルニアとは

頸椎ヘルニア

 

椎間軟骨は、中心部の骨髄核とその周辺を取り巻く繊維輪という部分で成り立っていますが、老化や過度の負荷などによって、亀裂を生じ、そこから骨髄核が突出したり、膨張した状態をヘルニアといいます。
続きを読む

肩こりを解消する食事療法

 

肩こり解消
●症状
症状:首の付け根または首から両肩、背中、腕にかけての筋肉が固く緊張して、痛みや張った感じを覚えることを肩こりという。 悪化すると腕が上がらなくなったり、頭痛などの症状を伴う。現代医学的には頚肩腕症候群と称される。原因としては過度の運動による筋肉疲労、肩関節や首の骨のすれ、内臓の病気の反射からくるもの、ストレスによる自律神経の乱れなどがあげられる。
続きを読む

頸椎症の食事について

 

頚椎ヘルニアを改善するのにとても重要なこととして、食事があります。頚椎ヘルニアには様々な治療法がありますが、治療ばかりに目がいってしまい、案外注意されていないのが食事内容です。

病院でも健康な顔色の方にはあまり食事について注意することはありませんが、やはり医食同源という言葉もありますので、常に注意することが大切です。
続きを読む

頸椎症のリハビリ

■ 頚椎のリハビリで注意すべきことは?

頚椎は、体を動かす指示をする脳と体をつなぐ全神経が集まっている重要な部位です。

ですので、リハビリの方法を一歩間違えてしまうと、体全体に悪い影響を及ぼすようなことにもなりかねません。

もっとも気をつけなければならないのは、リハビリの運動によって、頚椎内の神経を傷付けることのないようにすることです。

頚椎のリハビリをしていて、少しでも痛みを感じるようなことがあれば、すぐに一旦止めるようにしてください。
続きを読む

後縦靭帯骨化症の保存療法

【投薬治療】後縦靭帯骨化症の自覚症状を緩和する

後縦靭帯骨化症の保存療法の1つである、鎮痛薬、神経再生薬などの薬物療法についてご紹介します。

後縦靭帯骨化症で骨化した靭帯が神経を圧迫することにより、痺れや痛みが発生します。

この痛みを緩和させるのに鎮痛薬で対処します。鎮痛薬には、主にロキソニンやボルタレンといった非ステロイド消炎鎮痛薬が用いられます。どちらの薬も、胃潰瘍を合併することがあるため、胃薬や抗潰瘍薬と一緒に処方されることが多いでしょう。

薬を服用する治療のため、当然ながら副作用の心配はあります。
ロキソニンやボルタレンの副作用は、胃部不快感、浮腫、発疹、ショック症状などがあげられます。これら症状が出た場合には、すぐに医師に相談します。
続きを読む

頚椎症はカイロプラクティックで改善

カイロプラクティックは頚椎症に有効です

カイロプラクティックは頚椎症の改善に効果があります

頚椎症で首や肩の痛み、また手足のしびれなどに悩んでいるなら、カイロプラクティックの施術が有効です。
カイロプラクティックは脊椎など骨格全般の問題について、専門的な知識と技術によって改善する施術です。

頚椎症にはいくつかの種類があり、いずれも頸椎に何らかの問題がある場合に起こるものです。

カイロプラクティックなら、そんな頸椎に起きた問題を解決できるのです。
頚椎症の症状は、頸椎の異常が神経に影響を与えるために起こります。
続きを読む

頚椎症の予防とケア

首を反らせる姿勢は負担になる

首を反らせる姿勢は椎間板に負担をかけ、老化を早めることになります。

椎間板は20代の頃から老化が始まります。無理な姿勢で椎間板に負担がかかると少しずつ潰れて変形してゆき、それに伴い骨棘(骨のとげ)が形成されてゆき、変形性頚椎症の原因となります。

もちろん老化という要素もあるのですが、日常の心がけ次第で発症をできるだけ抑えてゆくことができます。
続きを読む

頸椎症の症状と治療

頸椎症は、首の椎間板と椎骨の変性により、首の脊髄が圧迫される病気です。

  • 主な原因は変形性関節症です。
  • 多くの場合は、最初の症状として、歩行がぎこちなく不安定になり、首に痛みが生じて首の柔軟性が失われます。
  • MRI検査またはCT検査によって診断を確定できます。
  • 治療法としては、首に巻く柔らかいコルセット、非ステロイド性抗炎症薬、筋弛緩薬、手術などがあります。

頸椎症は通常、中高年期以降に発症します。55歳以上の人の脊髄の機能不全の原因として最も多くみられます。

続きを読む

頸椎症とは

どんな病気か

 頸椎の椎体骨ついたいこつ骨棘こっきょく(とげ状の突起)形成、椎間板ついかんばん(椎体と椎体の間にあってクッションの役割をしている)の後方突出、靭帯じんたいの石灰化、骨化などによって、脊髄せきずいから出て肩や腕に行く神経(神経根)または脊髄自身が圧迫・刺激を受ける病気です。

続きを読む